震災法律相談Q&A

2011年3月11日に起きた地震や津波に遭われた方々の力になれればと思います(弁護士法人杜協同)

行政との関係

義援金の配分

Q: 震災後、連休に入りましたが、自治体による義援金の配分がなかなか進んでいないようですが、何が原因なのでしょうか。 A: 今回の震災に対しては、全国から多くの義援金が寄せられました。 しかしながら、 ①被災地の被害が余りにも大きくて、実態の正確な…

災害弔慰金が支給される場合

Q:津波被害にあった私の町でも災害弔慰金の支給申請が開始されたそうです。 誰にいくら支給されるのですか。 A:災害弔慰金は「災害弔慰金の支給等に関する法律」に基づき、市町村が条例を定めて、地震や津波、豪雨などの自然災害で死亡した人の遺族に支給…

子どもに対する支援

Q:子どもも今回の震災で被災し、余震がくるとひどく怖がるなど心の傷を受けているようです。支援してくれるところは、ありますか。 A:各都道府県の教育委員会が担当課です。 震災後は、避難所等にスクールカウンセラーが派遣されています。 また、これとは…

被災市街地の建築制限

Q:今回の津波で家が流されて消失してしまいました。 直ぐに新しい家を建て直そうと思ったのですが、法律でできなくなったと聞きました。 本当でしょうか。 A:建築基準法84条は市街地に災害のあった場合に、区域を指定して最大2ヶ月間その区域内の建築物の…

罹災証明書(その3)

Q:私の町でも罹災証明書が発行されるという広報がなされました。 罹災の程度が4段階に分かれていると聞いたのですが、そうなのですか。 A:全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊の4段階に分かれます。 このどの段階に該当するかによって支援金額が違ってきます…

被災建築物応急危険度判定制度

Q:昨日、市の災害対策本部から来た方が、私の住宅の外観を見ていき、大丈夫だということで緑色のステッカーを貼っていきました。どういう制度なのですか。 A:被災建築物応急危険度判定というものです。 市町村の災害対策本部が、専門家を派遣して被災した…

罹災証明書(その2)

Q:前回罹災証明書についてお聞きしたので、早速市役所に行ってきました。 但し、調査しないと証明書は出せないと言われ、届出証明書しかもらえませんでした。 A:確かに、罹災証明を行うには、原則として現地調査が必要ですので、申請してもすぐに罹災証明…

住宅の応急修理制度について

Q:今回の地震で家が半壊してしまいました。 屋根を直すことができれば住むことができるのですが、修理費用が準備できません。 行政上の制度がありませんか。 A:災害救助法23条8号に規定している「住宅の応急修理制度」を使えるかもしれません。 この制度は…

行き場所のないペット

Q:70歳になる私は12歳の柴犬と一緒に暮らしていました。 地震で避難所生活なのですが、動物嫌いの人もいるので、犬は避難所の中では肩身の狭い思いです。 何とかなりませんか。 A:今回のような未曾有の大災害の中では、ペットより人を救うのが先ではな…

避難先・移転先での介護保険利用

Q:私の母は要介護2と認定されて、介護保険で各種のサービスを受けていました。 今回津波で家も流されてしまい、要介護認定結果通知書も保険証も消失しました。 どうやってサービスを受ければよいのですか。 A:保険証などを家屋に残したまま避難した方が多…

津波で放置された自動車

Q:津波で街中に自動車が壊れたまま放置されています。 道路にも公園にも私の自宅の敷地にも壊れた自動車が山積みになり、復旧の支障になっています。 なんとかならないのでしょうか。 A:津波で流されたまま放置された自動車は復興活動の大きな妨げになって…

罹災証明書について

Q:罹災証明書が発行されると聞いたのですが、どのようなものですか。 A:罹災証明書は火事や災害で家屋が被害を受けた場合に被害状況を自治体が具体的に確認した上で発行する書類です。 Q:証明書はどこに申請すれば良いのですか。 A:地震で損壊したり…